Sorry,Japanese only
鳴門市大麻町 阿波大谷駅 案内
 
勝瑞駅 池谷駅 板東駅 阿波川端駅  JR高徳線
 
阿波大谷駅 立道駅  JR鳴門線
 
観光 HOME  鳴門市大麻町内の駅案内
 
 
 
大きい画像サイズで表示

JR阿波大谷駅 
 
あわおおたに
 
住所
鳴門市大麻町大谷字前場
 
 
 

伝説 猿の墓 猟師の墓
阿波大谷駅には
伝説 猿の墓 猟師の墓 の案内看板がある。
 
 
妖怪「狒猿の墓」(ひひざるの墓)と
紹介されている場合もある。
 
 
 
 
紹介されている内容
 ここは鳴門市大谷の地。
 この駅の北方約四キロ、分水嶺に「猿の墓」と「猟師の墓」と呼ばれる古墳があり、
訪れる人が多い。
 その昔(今より六百有余年前)大麻山中一帯には多数の猿が棲息していた。
その中の一頭の大猿が群れを率いて、度々村人に危害を加えるが、これを
退治しようとする者がいなかった。
 そこで、このことを知った播州(今の兵庫県の西部)の猟師は、その大猿を退治し、
人々の苦しみを救おうと考え、遠路はるばるこの地に来て大猿に立ち向かったが、
ついには大猿に殺されてしまった。
 この悲報を郷里で聞いた猟師の弟は、兄のかたきを討ちに来々、苦心の末、遂に
大ざるを殺し、かたきを討つと共に村人の難儀を救った。
 二つの墓は、この地の合力で建てられた。「猟師の墓」には暦応四年(1341年)の
碑名が刻まれている。
 
猿の置物が展示されている。
 
墓までの簡易地図がある。
地図上 見にくい文字を記述
山神社 御嶽神社 堀越峠 猟師の墓 大麻牧場 猿の墓 天ヶ津神社
 
 
 
 
 
左右 2つの写真を合成して表示
 
 
 
 
地図を参考にして 見に行ってきました。
  左側: 猟師の墓   暦応4年 (1341年)
  右側: 猿の墓     文保2年 (1318年)
あれ? 猟師が先じゃないの??? っと ふと疑問に思った。
もしかしたら 猟師の弟の墓 なのかな???
猿の墓は、過去に墓石が紛失していて 再度 造ったみたいです。
 

大麻町周辺図 が設置されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大きい画像サイズで表示
 
観光 HOME  鳴門市大麻町内の駅案内

2005年10月下旬 撮影